絆ストレス : 「つながりたい」という病

香山リカ 著

「誰かとつながっていないと不安」でも、「つながりすぎると苦しい…」生きづらさが蔓延する現代社会。"新しいつながり"の形とは-精神科医からの提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 震災後の日本に浸透する「絆」の功罪
  • 第2章 気楽なはずのつながりが招く「SNS疲れ」
  • 第3章 「家族の絆」という幻想
  • 第4章 絆に苦しむ女・絆に守られる男
  • 第5章 母娘を縛る「強すぎる絆」
  • 第6章 「孤独死」は本当に不幸なのか?
  • 第7章 「絆ストレス」の時代を生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絆ストレス : 「つながりたい」という病
著作者等 香山 リカ
書名ヨミ キズナ ストレス : ツナガリタイ ト イウ ヤマイ
書名別名 Kizuna sutoresu
シリーズ名 青春新書INTELLIGENCE PI-376
出版元 青春出版社
刊行年月 2012.10
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04376-2
NCID BB1042643X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想