ソーシャルエコノミー = Social Economy : 和をしかける経済

阿久津聡, 谷内宏行, 金田育子, 鷲尾恒平 著

ソーシャルメディアによって人の集まり方が変わり、日本でも価値観と消費の在り方が、大きな変革期へと来ている。本書では、経済価値をも変えてしまう、この大きなうねりを「ソーシャルエコノミー」と呼び、そのメカニズムを明らかにする。ソーシャルエコノミーの基盤となるのは、「同好コミュニティ」である。その活性化には日本人らしい「和」が欠かせない。ソーシャルエコノミー発動装置となるコミュニティを、創り・育て・盛り上げるノウハウを提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 和のソーシャル
  • 第1章 新経済へのヒフ感覚
  • 第2章 ソーシャルエコノミーの時代
  • 第3章 コミュニティづくりの大革命
  • 第4章 コミュニティを和にする技術
  • 第5章 「祭りのハタ」への高まり方
  • 第6章 ソーシャルエコノミー・クエスト-頭に地図を広げよう
  • 終章 「和」のなる方へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルエコノミー = Social Economy : 和をしかける経済
著作者等 谷内 宏行
野中 郁次郎
金田 育子
阿久津 聡
鷲尾 恒平
書名ヨミ ソーシャル エコノミー : ワ オ シカケル ケイザイ
書名別名 Social Economy

Sosharu ekonomi
出版元 翔泳社
刊行年月 2012.9
ページ数 272p 図版8枚
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7981-2812-2
NCID BB10378155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想