「双極性障害」ってどんな病気? : 「躁うつ病」への正しい理解と治療法

加藤忠史 監修

「躁うつ病」といわれてきた「双極性障害」は、「統合失調症」と並ぶ二大精神疾患。だが、まだ十分に理解されてはいない。そもそもどのようなものなのか?性格との関係はあるのか?1型と2型はどう違うのか?治療法は同じなのか?家族はどうしたらいいのか?脳神経科学で双極性障害研究をリードする精神科医を監修に、図解でこれ以上なく平易に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 その症状、双極性障害かも(双極性障害とは-症状によってまるで別人のようになる
  • 特徴1 「うつ状態」と「躁状態」がくり返しあらわれる
  • 特徴2 症状のあらわれ方によってふたつのタイプに分けられる ほか)
  • 2 病気のしくみについて知る(病気の原因-神経伝達物質の分泌の異常が関係している?
  • 脳の変化-脳の一部の体積が小さくなっている ほか)
  • 3 薬と生活習慣の改善で、気長に治療を続ける(治療のあらまし-薬物療法と精神療法。二本柱でおこなう
  • 薬物療法-気分安定薬と非定型抗精神病薬を用いる ほか)
  • 4 患者さんとむき合って、再発を防止する(病気に気づく-「人が変わった」ようになるのは、脳が変わったせい
  • 医療機関にむかわせる-根気強く説得して前向きに取り組む ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「双極性障害」ってどんな病気? : 「躁うつ病」への正しい理解と治療法
著作者等 加藤 忠史
書名ヨミ ソウキョクセイ ショウガイ ッテ ドンナ ビョウキ : ソウウツビョウ エノ タダシイ リカイ ト チリョウホウ
シリーズ名 心のお医者さんに聞いてみよう
出版元 大和
刊行年月 2012.10
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8047-6208-1
NCID BB10380623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想