京都と闇社会 : 古都を支配する隠微な黒幕たち

一ノ宮美成, 湯浅俊彦, グループ・K21 著

歴史と文化の町「京都」には別の顔がある。世界的な観光都市であるがゆえに集まる富と権力。それをめぐる暗闘の歴史だ。暴力団からフィクサー、タレント、地元財界重鎮、同和団体、伝統仏教、新興宗教教祖…「古都」の"支配者"たちが入り乱れた、隠微な権力闘争と背徳の錬金術とは?京都の裏面をえぐり出す出色のルポルタージュ。誰も書けなかった現代京都、その黒幕の系譜。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 暴力団と黒幕たちの饗宴(京都駅前地上げ戦争の顛末-武富士、山口組、会津小鉄会、同和団体「崇仁協議会」の暗闘
  • 宅見組長射殺事件の深い闇-中野会暴走の伏線になった「京都駅前地上げ戦争」の影
  • 闇の"帝王"許永中、逃亡劇のミステリー-三〇〇〇億円が闇に消えたイトマン事件逮捕後の"空白"
  • 京都政財界の黒幕・山段芳春の実像-京都信用金庫、近畿放送さえ牛耳ったフィクサーの生涯
  • 京の闇を仕切った会津小鉄会・高山登久太郎-京都ほど暴力団に払う金が多い土地はない
  • タニマチ佐川清・佐川急便会長の錬金術-オレが後援会長やってる芸能人は二六人いる-と豪語した京の大富豪
  • 餃子の王将脱税事件と部落解放同盟人脈-事件で浮かび上がったいわくつきの代理人の正体)
  • 第2部 宗門と家元たちの饗宴(西本願寺の権力闘争で「差別発言でっち上げ」-部落解放同盟の威を借りた高僧にあるまじき政争
  • 阿含宗・桐山靖雄管長の闇-電通と組んできた広告宗教の異名を持つ教団の集金術
  • 現代のタブーとなった裏千家-下手にさわるとやけどする家元ビジネスの奥の院
  • 細木数子と世にも不思議なお墓ビジネス-個人鑑定で霊感商法さながらに恫喝してきた過去
  • 奇怪教団「無量寿寺」の正体-「宗教的野心家」久世太郎尊師の怪しげな過去)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都と闇社会 : 古都を支配する隠微な黒幕たち
著作者等 グループK21
一ノ宮 美成
湯浅 俊彦
書名ヨミ キョウト ト ヤミシャカイ : コト オ シハイ スル インビ ナ クロマクタチ
シリーズ名 宝島SUGOI文庫 Aい-1-12
出版元 宝島社
刊行年月 2012.10
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-8002-0238-3
NCID BB17164579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想