夢の原子力 = Atoms for Dream

吉見俊哉 著

二〇一一年三月一一日の原発事故の拡大で、私たちの「豊かな戦後」の終焉は決定的となった。この事件は、私たちが求めてきた経済成長の帰結として生じた事件である。戦後日本において、原子力はいつしか被爆の「恐怖」から成長の「希望」の対象へと変容し、夢と平和の象徴として受け入れられていく。大衆の日常と社会意識は、いかにしてこの明るい未来のスペクタクルを欲望し、受容したのだろうか?戦後日本の核受容を、「原子力的な陽光」の冷戦期から「放射能の雨」のポスト冷戦期への変遷の中にさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 放射能の雨アメリカの傘
  • 第1章 電力という夢-革命と資本のあいだ(革命としての電気
  • 電力を飼いならす
  • 総力戦と発電国家)
  • 第2章 原爆から原子力博へ(人類永遠の平和と繁栄へ
  • 列島をめぐる原子力博
  • ヒロシマと原子力博
  • 冷戦体制と「原子力の夢」)
  • 第3章 ゴジラの戦後アトムの未来(原水爆と大衆的想像力
  • 記憶としてのゴジラ
  • ゴジラの変貌とアトムの予言)
  • 終章 原子力という冷戦の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢の原子力 = Atoms for Dream
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ ユメ ノ ゲンシリョク
書名別名 Atoms for Dream

Yume no genshiryoku
シリーズ名 ちくま新書 971
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.8
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06676-3
NCID BB09883660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想