日本の立ち位置を考える : 制度政治経済哲学へのステップ

鈴木泰 著

日本が直面する財政・国際秩序維持・国際金融市場に係る諸問題を、公平・正義の観点から分析し、日本が求めるべき立ち位置・処方箋を論ずる。高まる不確実性の中、社会生活の質を高めていくための社会科学の複眼的領域-制度政治経済哲学-の確立を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「公平としての正義」原理の追求-本書の構成と要旨
  • 第1章 立ち位置を考える視座-日本社会が求めるべき「社会正義」原理とは?
  • 第2章 市場原理主義の合理性とは
  • 第3章 国際政治における立ち位置-日本が依るべき「国際社会正義」原理とは?
  • 第4章 国際金融における立ち位置-「経済の金融化」に歯止めをかけるために日本が調整すべき「ビジネス倫理」とは?
  • 終章 制度政治経済哲学へのステップ-あとがきに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の立ち位置を考える : 制度政治経済哲学へのステップ
著作者等 鈴木 泰
書名ヨミ ニホン ノ タチイチ オ カンガエル : セイド セイジ ケイザイ テツガク エノ ステップ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2012.9
ページ数 161,9p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7710-2390-1
NCID BB10353019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22165142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想