ナチス・ドイツの有機農業 : 「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」

藤原 辰史【著】

"人間中心主義"から"生物圏平等主義"への転換を目指した生命共産国家は、なぜホロコーストに行き着いたのか?ナチス農本主義とシュタイナー農法の生命観を、日本を含む同時代史のなかで捉えなおし、真のエコロジーとは何かを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「人間中心主義」から「生物圏平等主義」へ
  • 第1部 生成一九二四〜一九三三(「バイオ・ダイナミック農法」の誕生と展開-ドイツ・ブレスウラ 一九二四年
  • 「インドール方式」の誕生と展開-イギリス領インド 一九二五年
  • 「農民と自然の関係」をナチスはどう捉えたか?)
  • 第2部 混淆一九三四〜一九四一(緑色の第二革命
  • 生命法則
  • バイオ・ダイナミック農法の実践者たち
  • 総力戦と土壌(戦中編)
  • ロシア、この「偉大なる農民の国」-モータリゼイションをめぐって
  • ナチ農政に対する農民たちの反発
  • ダレー、バイオ・ダイナミック農場へ)
  • 第3部 変容一九四一〜一九四五(有機農業と植民地主義-再生産される故郷、"生命空間"
  • 強制収容所における有機農業-ドイツ栄養・食糧研究所
  • 同時代の小農主義-ソ連、満洲、北海道)
  • エピローグ 「ナチス・エコロジズム」とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチス・ドイツの有機農業 : 「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」
著作者等 藤原 辰史
書名ヨミ ナチスドイツノユウキノウギョウ : シゼントノキョウセイガウンダミンゾクノゼツメツ
出版元 柏書房
刊行年月 2012.10.10
版表示 新装版
ページ数 306p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7601-4152-4
NCID BB10461838
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想