日本社会の歴史  上

歴史教育者協議会 編

アジアとの関係、民衆の歴史、女性史・ジェンダー史に光をあて、マイノリティや辺境からの視点を重視した、コンパクトに学べる日本通史。上巻では、最新の研究も踏まえつつ、旧石器時代の人びとの生活から幕末の動乱期までを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原始・古代(新石器時代人はクリを栽培した
  • 日本列島は中国の歴史書に記録された
  • アジアの王たちは中国に朝貢した ほか)
  • 2 中世(新たにつくられた社会のかたちは四〇〇年もつづいた
  • 朝廷と協調しながら武家政権は成長していく
  • 武家の幕府はいったん滅びるが、まもなく再建される ほか)
  • 3 近世(下剋上の乱世から惣無事の世へ変わった
  • 幕藩体制の支配秩序がつくられていく
  • 海禁環境が完成していく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本社会の歴史
著作者等 大日方 純夫
宮原 武夫
山田 朗
山田 邦明
早川 紀代
歴史教育者協議会
深谷 克己
石山 久男
書名ヨミ ニホン シャカイ ノ レキシ
書名別名 原始・古代~近世

Nihon shakai no rekishi
巻冊次
出版元 大月書店
刊行年月 2012.9
ページ数 309p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-272-52096-1
NCID BB10423759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
原始・古代~近世 宮原武夫, 山田邦明, 深谷克己
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想