動乱の東国史  7

池享, 鈴木哲雄 企画編集委員

小田原を拠点に勢力を伸ばした北条氏は、足利・上杉ら伝統勢力をいかに打ち破り、関東に「地域国家」を築いたのか。領国形成、対立を超越した平和秩序への動きから小田原落城まで、東国にとっての「天下統一」を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新旧勢力の激突
  • 2 地域社会の変貌
  • 3 北条・上杉・武田の角逐
  • 4 北条氏領国の仕組み
  • 5 東国政局の展開と織田権力
  • 6 豊臣秀吉の全国制覇と東国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動乱の東国史
著作者等 池 享
鈴木 哲雄
書名ヨミ ドウラン ノ トウゴクシ
書名別名 東国の戦国争乱と織豊権力

Doran no togokushi
巻冊次 7
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.10
ページ数 295,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06446-0
NCID BB10316577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想