孫文の机

司修 著

2.26事件の現場に一番乗りした記者・和田日出吉、神楽坂のバーユレカから旅立った詩人・逸見猶吉、孫文の机を捨て去り飄々と生きた画家・大野五郎。3人の兄弟が辿った昭和の鳴動を、大佛賞作家が描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記者
  • 詩人
  • 画家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孫文の机
著作者等 司 修
書名ヨミ ソンブン ノ ツクエ
書名別名 Sonbun no tsukue
出版元 白水社
刊行年月 2012.11
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08250-8
NCID BB10317037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想