フルーツをやめれば、健康になる : 誰もいわなかった肥満と健康の新常識

栗原毅 著

現代人の不健康の最大の理由は、体の中に必要以上の糖質をため込んでいること。甘いものなどそんなに食べていない、という人でも、ご飯やパンなどの主食をはじめ、果物などから、毎日多量の糖質を摂取している。糖質は肥満の直接の原因、肥満は心臓や肝臓をはじめ多くの臓器にダメージを与え、あなたの寿命にも影響を与えている。従来の常識から一歩進化した、新しい健康への対策を内臓疾患の専門医が解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 甘いフルーツには、危険なワナが隠されている(肥満を恐れてのカロリー制限は、もう必要ない
  • 脂肪肝をつくる最大の元凶は糖質だった ほか)
  • 第2章 やせる食べ方・病気にならない食べ方(脂肪肝に伴う内臓脂肪型肥満は危険
  • 日本人は内臓脂肪をためやすい民族 ほか)
  • 第3章 上手に飲めば、お酒は健康の友になる(アルコールが脂肪肝の予防・治療になる!?
  • 適量を守ればアルコールは健康ドリンク ほか)
  • 第4章 適度な運動と生活習慣の改善で健康になれる(歩くことからはじめよう
  • 自分に合った「適度な」運動が健康への道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フルーツをやめれば、健康になる : 誰もいわなかった肥満と健康の新常識
著作者等 栗原 毅
書名ヨミ フルーツ オ ヤメレバ ケンコウ ニ ナル : ダレモ イワナカッタ ヒマン ト ケンコウ ノ シンジョウシキ
書名別名 Furutsu o yamereba kenko ni naru
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.10
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-05-405495-0
NCID BB11912295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想