日本小説技術史

渡部直己 著

『八犬伝』や『金色夜叉』の作品構成を支えた「偸ち聞き」の技術とは?『たけくらべ』の美登利の心変わりにおける「突然」と「偶然」の相違とは?『破戒』の「告白」は、作中の「描写」といかなる技術関係を結んだか?『道草』の夫婦の気持の齟齬は、どのような文章技術によって描かれたか?『あらくれ』のお島を「あらくれ」娘に作り上げた創作技術のポイントは?『第七官界徂徨』のしぐさ描写で見えてくる「新感覚」の技術世界とは?名作の創作技術を著者ならではの緻密な豪腕で論じ、小説の読み方の根幹を築いた代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 「日本小説技術史」にむけて
  • 第1章 「偸聞」小説の群れ-馬琴「稗史七則」と逍遙・紅葉
  • 第2章 二種の官吏小説-二葉亭四迷『浮雲』と森鴎外「ドイツ三部作」
  • 第3章 「突然」な女たち-樋口一葉の裁縫用具
  • 第4章 「自然」を見る・嗅ぐ・触る作家たち-独歩・藤村・花袋・泡鳴
  • 第5章 反りの合わぬ夫婦たち-夏目漱石のフォルマリズム
  • 第6章 志賀直哉の「コムポジション」と徳田秋声の「前衛小説」
  • 第7章 妄想のメカニズム-芥川龍之介と競作者たち
  • 第8章 「文」はどのように「人」めくのか?-鴎外の「史伝」と谷崎の「古典回帰」
  • 第9章 男たちの「格闘」に「女の子」の仕草を添えて-横光利一・尾崎翠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本小説技術史
著作者等 渡部 直己
書名ヨミ ニホン ショウセツ ギジュツシ
書名別名 Nihon shosetsu gijutsushi
出版元 新潮社
刊行年月 2012.9
ページ数 569p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-386002-0
NCID BB10366735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想