エストニア紀行 : 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦

梨木香歩 著

首都タリンから、古都タルトゥ、オテパー郊外の森、バルト海に囲まれた島々へ-旧市街の地下通路の歴史に耳を傾け、三十万人が集い「我が祖国は我が愛」を歌った「歌の原」に佇む。電柱につくられたコウノトリの巣は重さ五百キロ。キヒヌ島八十一歳の歌姫の明るさ。森の気配に満たされ、海岸にどこまでも続く葦原の運河でカヌーに乗る。人と自然の深奥へと向かう旅。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エストニア紀行 : 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ エストニア キコウ : モリ ノ コケ ニワ ノ コモレビ ウミ ノ アシ
出版元 新潮社
刊行年月 2012.9
ページ数 193p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-429907-2
NCID BB10309935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想