正信偈入門 : 浄土真宗を基礎から学ぶ

三木照國 著

「正信偈」は、浄土真宗で最もよく唱え耳にする聖典の一つで、親鸞聖人の主著『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)に収載された偈頌(歌)。苦悩を超えて、親鸞聖人が明らかにされた普遍の教えを、この一冊から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正信偈とは
  • よりどころと造られたわけ
  • 題号の意味
  • 偈の組織
  • 聖人のご信心
  • 如来のちかい
  • さとりの光明
  • わたくしの救い
  • 釈尊の本懐
  • 信心の利益〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正信偈入門 : 浄土真宗を基礎から学ぶ
著作者等 三木 照国
三木 照國
書名ヨミ ショウシンゲ ニュウモン : ジョウド シンシュウ オ キソ カラ マナブ
書名別名 Shoshinge nyumon
シリーズ名 正信偈
出版元 本願寺出版社
刊行年月 2012.9
版表示 新装版.
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-89416-260-0
NCID BB11399558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想