不登校のポリティクス : 社会統制と国家・学校・家族

加藤美帆 著

「学校を欠席する子ども」を社会はどうとらえてきたのか。「不登校」「長期欠席」「登校拒否」といった認識の仕方や問題のとらえ方、すなわち、知識がつくられたプロセスの政治性を構築主義の観点から分析する。「欠席の歴史」がここに明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の所在と本書の構成
  • 第1部 不登校のポリティクスに向けて(「長期欠席」と「不登校」の現在
  • 先行研究の検討
  • 不登校の知を問う)
  • 第2部 就学と欠席を通じた国家の編成(戦後の長欠者問題と国民国家の再編成
  • 長期欠席から「学校ぎらい」の「出現」へ-戦後教育の転換
  • 「登校拒否」から「不登校」へ-ポスト福祉国家における社会統制の変化)
  • 第3部 不登校と親密圏のポリティクス(不登校をめぐる政治-朝日新聞家庭面の分析から
  • 不登校からの家族秩序への問い直し)
  • 不登校の現在とこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不登校のポリティクス : 社会統制と国家・学校・家族
著作者等 加藤 美帆
書名ヨミ フトウコウ ノ ポリティクス : シャカイ トウセイ ト コッカ ガッコウ カゾク
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.9
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-25078-3
NCID BB10310570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想