学名論 = Theory and Practice of Scientific Name : 学名の研究とその作り方

平嶋義宏 著

すぐに役立つラテン語・ギリシア語の接辞の活用法を多数紹介。よく見られる命名法から特殊な命名法まで種小名、属名、科名の作り方と実例を詳細に解説。実在の動物の属名と種小名を引用した日本語からひくラテン語・ギリシア語語彙集を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 接頭辞、接尾辞と縮小辞の活用
  • 第2章 種小名とその作り方
  • 第3章 種小名の実例
  • 第4章 属名とその作り方
  • 第5章 属名の実例
  • 第6章 極楽鳥の学名
  • 第7章 科名とその作り方
  • 第8章 高次分類群の学名
  • 第9章 増やしたい古典語の語彙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学名論 = Theory and Practice of Scientific Name : 学名の研究とその作り方
著作者等 平嶋 義宏
書名ヨミ ガクメイロン : ガクメイ ノ ケンキュウ ト ソノ ツクリカタ
書名別名 Theory and Practice of Scientific Name

Gakumeiron
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-486-01923-7
NCID BB10420670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想