フレーゲ哲学の全貌 = Gottlob Freges Logizismus und seine logische Semantik als der Prototyp : 論理主義と意味論の原型

野本和幸 著

数学の哲学を貫く「論理主義」のプロジェクトとは?現代の論理と意味論の原型を剔抉する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゴットロープ・フレーゲ-現代の哲学・論理学への分水嶺
  • 第1部 論理主義を目指して-論理学の革新(論理主義に向かって
  • 『概念記法』)
  • 第2部 論理主義のプログラムと文脈原理(『算術の基礎』の構想とその背景
  • 『算術の基礎』における文脈原理と再認判断 ほか)
  • 第3部 論理と言語の哲学(『算術の基本法則』の概要と方法
  • フレーゲ高階論理の統語論 ほか)
  • 第4部 数学の哲学-論理主義(『算術の基本法則』における基数論
  • 基数論とラッセル・パラドクス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フレーゲ哲学の全貌 = Gottlob Freges Logizismus und seine logische Semantik als der Prototyp : 論理主義と意味論の原型
著作者等 野本 和幸
書名ヨミ フレーゲ テツガク ノ ゼンボウ : ロンリ シュギ ト イミロン ノ ゲンケイ
書名別名 Gottlob Freges Logizismus und seine logische Semantik als der Prototyp

Furege tetsugaku no zenbo
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.9
ページ数 686p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10218-1
NCID BB10370517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想