カオスの神、園子温

ダリオ・トマージ, フランコ・ピコッロ 編 ; 丸山圭子 訳

ヴェチネア、トリノ映画祭で絶賛したイタリア評論家達による園子温批評、待望の翻訳書。最新作『希望の国』レビュー、本人へのインタビューも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロードオブカオス/カオスの王(マーク・シリング)
  • ロマンチシズムの犯罪者(エマヌエラ・マルティーニ)
  • 俺は園だけど…(ダリオ・トマージ)
  • 「じゃあ、動きをくわえたら?」園子温へのインタビュー(マッテオ・ボスカロル編)
  • 幸せな家族って、何ですか?(クラウディア・ベルトレ)
  • 「私はコイケ。ドラッグと宗教を売ってます。」カルト、宗教シンボル、そして解放の動き(マッテオ・ボスカロル)
  • 第三の視線-退廃、逸脱、恐怖の感覚(ルカ・カルデリーニ)
  • 作品レビュー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カオスの神、園子温
著作者等 Picollo, Franco
Tomasi, Dario
丸山 圭子
ピコッロ フランコ
トマージ ダリオ
書名ヨミ カオス ノ カミ ソノ シオン
書名別名 Il signore del caos Il cinema di Sono Sion

Kaosu no kami sono shion
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2012.9
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8459-1203-2
NCID BB1046738X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「私はコイケ。ドラッグと宗教を売ってます。」カルト、宗教シンボル、そして解放の動き マッテオ・ボスカロル
じゃあ、動きをくわえたら? 園子温
ロマンチシズムの犯罪者 エマヌエラ・マルティーニ
ロードオブカオス/カオスの主 マーク・シリング
作品レビュー
俺は園だけど… ダリオ・トマージ
幸せな家族って、何ですか? クラウディア・ベルトレ
第三の視線 ルカ・カルデリーニ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想