スイングの理

内藤雄士 著 ; 三田村昌鳳 聞き手

読んで、脳が理解してから、練習にいそしみたい。ゴルフスイングの神髄に迫る「読むレッスン」。今までおぼろげで分からなかったスイング理論やレッスン用語の本当の意味が理解できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 体幹スイングの基本と下半身(脳から体に正しいスイング信号を送る
  • 小さな筋肉ではなく大きな筋肉を使う
  • ツアープロも実践する練習の基本とは? ほか)
  • 第2章 上半身の動きと体幹との同調(バックスイングでは肩甲骨を意識する
  • スイング中にヘッドの重さと位置を感じる
  • 右ヒジを意識してトップから切り返す ほか)
  • 第3章 理想のスイングと意識の持ち方(スイングを修正しやすいポイント
  • バランスのよいトップとフィニッシュ
  • バックスイングの勘違いを知る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スイングの理
著作者等 内藤 雄士
三田村 昌鳳
書名ヨミ スイング ノ コトワリ
出版元 パーゴルフ
学研マーケティング
刊行年月 2012.10
ページ数 228p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-05-405500-1
NCID BB10645830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想