進化する東京駅 : 街づくりからエキナカ開発まで

野﨑哲夫 著

2012年10月には丸の内駅舎が復原され、2014年には開業から100年を迎える東京駅。今では1日の乗降客は約75万人、14面28線のホームを有して日本の中央駅としての機能を発揮している。JR誕生後にエキナカ開発が本格化し、丸の内、八重洲はじめ周辺地区と連係した街づくりも進められている。本書ではエキナカ開発と街づくりの実際を東京駅の進化の歴史を交えつつ紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東京駅の時空へ
  • 第1章 東京駅の新しい街、エキナカ「グランスタ」
  • 第2章 エキソト「大手町・丸の内・有楽町地区」「八重洲・日本橋地区」からの街づくり
  • 第3章 東京駅-日本の鉄道中央駅としての誕生と進化
  • 第4章 丸の内、八重洲、日本橋を一体的につなぐ駅都市「ステーションシティ」開発
  • 第5章 エキナカ「グランスタ」の店舗開発戦略(MD論)
  • 終章 東京駅と街の次の100年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化する東京駅 : 街づくりからエキナカ開発まで
著作者等 野﨑 哲夫
野崎 哲夫
書名ヨミ シンカ スル トウキョウエキ : マチズクリ カラ エキナカ カイハツ マデ
書名別名 Shinka suru tokyoeki
シリーズ名 交通ブックス 120
出版元 交通研究協会
成山堂書店
刊行年月 2012.10
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-425-76191-3
NCID BB10345939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22167638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想