アリの巣をめぐる冒険 : 未踏の調査地は足下に

丸山宗利 著

数々の新種を発見した気鋭の分類学者が描く、アリと好蟻性昆虫の世界。食べ物をねだる、かすめる、与え合う、捕食に寄生、擬態、共生の生物学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 好蟻性昆虫学ことはじめ(アリクイエンマムシの発見
  • ハネカクシの世界の門を叩く ほか)
  • 第2章 アリの行列の百鬼夜行(新属、また新属
  • ヒメサスライアリを探せ ほか)
  • 第3章 研究の枝葉を伸ばす(日本のアリスアブ相
  • アリヅカコオロギと相棒小松君 ほか)
  • 第4章 冒険は続く(三つ子の魂と進路
  • 生き物漬け生活 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アリの巣をめぐる冒険 : 未踏の調査地は足下に
著作者等 丸山 宗利
書名ヨミ アリ ノ ス オ メグル ボウケン : ミトウ ノ チョウサチ ワ アシモト ニ
シリーズ名 フィールドの生物学 8
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-486-01847-6
NCID BB10201735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想