人を呼ぶ法則

堺屋太一 著

「客」を呼ぶ時代はもう終わった。今こそ「人」を呼ばねばならない。需要が多様化し、画一的な手法が通用しなくなった今、「働く人」「住む人」「稼ぐ人」「費う人」など、あらゆる現場で「人を呼ぶ技術」が必要とされている。「非日常性」「その場所にしかない魅力」「聖なる一回性」など正しいポイントを押さえれば、人を集めることは必ず成功する。日本発展の象徴・日本万博から上海万博まで大小さまざまなイベントを成功させた仕掛け人が、自身の体験から導き出された「人を呼ぶ」全法側を大公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イベントの効果(まず「人」を呼ぶ
  • 今こそイベント
  • 知価革命-その全貌を知ろう
  • 「都会」が変わる!-今こそ「維新」)
  • 第2章 私自身の経験と日本万国博覧会(日本は偉くない人が大事のできる国
  • コンセプトとは何か
  • イベントの成否を決するもの)
  • 第3章 観光開発の思想と実行(沖縄の発展には観光しかない!
  • 観光こそ知価創造産業だ)
  • 第4章 頽廃と衰退-規格化されたイベント(コンセプトを傾視し、博覧会が多発した
  • 仲間内の発想は創造を失わせる
  • 日本の観光開発は、未だ成らず)
  • 第5章 上海万国博覧会と「イベント学」(上海万国博覧会への二六年間
  • 上海万国博覧会日本産業館の成功まで
  • イベント・プロデュースの科学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を呼ぶ法則
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ ヒト オ ヨブ ホウソク
シリーズ名 幻冬舎新書 さ-9-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.9
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98280-2
NCID BB10441513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想