陰謀論とは何か : 権力者共同謀議のすべて

副島隆彦 著

「陰謀論」は日本では「一般的によく知られた事件や歴史の背後に別の策略があったとする、信憑性に乏しい説」とされる。だが元のconspiracy theoryを正しく訳せば「権力者共同謀議理論」。1963年のケネディ大統領暗殺をきっかけに、米国の民主政治が特殊な権力者たちに操られているのではないかという疑念と怒りから広まった理論である-。陰謀論者の烙印を押された著者が、陰謀論の誕生と歴史、フリーメイソンに始まる代表的陰謀論の真偽を解き明かす。日本一わかりやすい全貌究明本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 陰謀論とは何か(主要な「陰謀論」は次の三つ
  • 宇宙人、イルミナティ、ロックフェラー話をどこまで同列に扱うか ほか)
  • 第2章 1980年代に日本で広まった陰謀論太田竜と宇野正美をめぐって(日本に陰謀論を広めた大家、宇野正美氏
  • 宇野正美講演会・傍聴記「反ユダヤ伝道師」かく語りき ほか)
  • 第3章 今もある「権力者共同謀議」(ウィキペディアはCIAの権力者共同謀議の産物
  • イルミナティ=フリーメイソンの基礎知識 ほか)
  • 第4章 イルミナティ=フリーメイソンの歴史から分かること(イルミナティ創立初期の思想とは
  • ヨーロッパ全土に受け入れられたイルミナティの思想 ほか)
  • 第5章 月面着陸は有ったか、無かったか論、再び(月面着陸地点を「立ち入り禁止」にするNASA
  • 私は「月面着陸陰謀論者」か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陰謀論とは何か : 権力者共同謀議のすべて
著作者等 副島 隆彦
書名ヨミ インボウロン トワ ナニカ : ケンリョクシャ キョウドウ ボウギ ノ スベテ
シリーズ名 幻冬舎新書 そ-1-3
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.9
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98281-9
NCID BB10441557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想