19歳の連続射殺魔 : 永山則夫事件と60年代

朝倉喬司 著

1968年、高度経済成長期最中の日本で、19歳の永山則夫による連続ピストル射殺事件という、それまで類を見なかった少年犯罪が起きた。逃亡しながら東京、京都、函館、名古屋で起こした事件のすべてが行き当たりばったりの犯行だった。死刑執行まで獄中で創作活動を続けた永山は、犯行当時何を思い、何から逃げていたのか。事件の足跡を丹念にたどり、急速度で都市化が進んでいった60年代の日本を背景に、ひとりの少年が抱えた闇に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 事件(強盗事件
  • 生い立ち ほか)
  • 2 逮捕(都会を徘徊する少年
  • 都市化と過疎と集団就職 ほか)
  • 3 逃走(犯行に至るまで
  • 骨まで愛して ほか)
  • 4 射殺(東京・芝、ホテルガードマン射殺
  • 京都・八坂神社、警備員射殺 ほか)
  • 5 呪縛(オレを三回捨てた
  • 呪縛からの解放 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 19歳の連続射殺魔 : 永山則夫事件と60年代
著作者等 朝倉 喬司
書名ヨミ ジュウキュウサイ ノ レンゾク シャサツマ : ナガヤマ ノリオ ジケン ト ロクジュウネンダイ
書名別名 Jukyusai no renzoku shasatsuma
シリーズ名 文庫ぎんが堂 あ3-1
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2012.10
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7816-7078-2
NCID BB11033895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想