ひるねねのききねね

関根パン 著

道守標は転入早々放送委員に任命されてしまった。もう一人の委員は後ろの席でいつも机に突っ伏していて顔もよく見えない永居昼音さん。しかも彼女は超の付く内気少女かつ小声さんで、お昼の放送は「おひるねタイム」なる無音放送と呼ばれていた。それでも放送を続ける昼音を不思議に思う標だったが、その理由がかつて人気を誇った声優、白瀬泉実への憧れにあると知る。それは標にとってちょっといわくつきの名前で…。つながる学園コミュ&コメディ開幕。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひるねねのききねね
著作者等 関根 パン
書名ヨミ ヒルネネ ノ キキネネ
書名別名 Hirunene no kikinene
シリーズ名 ファミ通文庫 せ1-2-1
出版元 エンターブレイン
角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.10
ページ数 282p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-728355-8
全国書誌番号
22159580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想