焼き餃子と名画座 : わたしの東京味歩き

平松洋子 著

西新宿のカレー屋でインド人店主と客が丁丁発止。湯島の名代居酒屋で青なまこ酢が舌に伝えた歳時記。晴れた土曜にドーナッツを食べにゆく代々木上原。神保町の名画座帰り、浮き立つ気分のまま頬張る焼き餃子と冷えたビール!「時」に磨かれた老舗の味から、わくわく行列する町の実力店まで、食都・東京の深い懐を愛情込めて綴る、読むほどに異袋が刺激される、美味垂涎エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昼どき(自分の地図を一枚-西荻窪
  • 土曜日、ドーナッツを食べにゆく-代々木上原 ほか)
  • 小昼(町の止まり木-西荻窪
  • フルーツサンドウィッチのたのしみ-日本橋 ほか)
  • 薄暮(べったら市をひやかす-小伝馬町
  • 銀座でひとり-銀座 ほか)
  • 灯ともし頃(荒川線文士巡礼-早稲田〜三ノ輪橋
  • 今夜うさぎ穴で-下北沢 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 焼き餃子と名画座 : わたしの東京味歩き
著作者等 平松 洋子
書名ヨミ ヤキギョウザ ト メイガザ : ワタシ ノ トウキョウ アジアルキ
シリーズ名 新潮文庫 ひ-24-6
出版元 新潮社
刊行年月 2012.10
ページ数 353p 図版32p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-131656-7
NCID BB10292457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想