国際法における欠缺補充の法理 = Jurisuprudence on the Filling of Lacunae in International Law

江藤淳一 著

[目次]

  • 第1部 常設国際司法裁判所規程第38条への道程(アメリカ南北戦争の遺産
  • 陸戦法規の法典化
  • 国際補獲裁判所の構想
  • 常設国際司法裁判所規程第38条の誕生)
  • 第2部 国際裁判における欠缺補充への取組み(主権の残余原理
  • 対抗力の法理
  • 衡平の法理
  • 人道の残余原理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際法における欠缺補充の法理 = Jurisuprudence on the Filling of Lacunae in International Law
著作者等 江藤 淳一
書名ヨミ コクサイホウ ニ オケル ケンケツ ホジュウ ノ ホウリ
書名別名 Jurisuprudence on the Filling of Lacunae in International Law
シリーズ名 上智大学法学叢書 第33巻
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.9
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-04662-7
NCID BB10342726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想