はじめはみんな話せない = Nobody can speak at first : 行動分析学と障がい児の言語指導

谷晋二 著

話せなかった子どもと家族の、希望。「子どもと話したい」と願う家族の希望を実現する行動分析学の言語指導。話せない子どもと家族に寄り添い共に歩みつづけた、障がい児言語指導の第一人者による実践ノート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発達障がい児の言語指導の歴史
  • 第2章 新たな取り組みへ向けて
  • 第3章 言葉の指導-機能的な言語行動の形成へ向けて
  • 第4章 イントラバーバル研究
  • 第5章 言語に関連する認知的スキル
  • 第6章 言語指導の戦略と戦術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめはみんな話せない = Nobody can speak at first : 行動分析学と障がい児の言語指導
著作者等 谷 晋二
書名ヨミ ハジメ ワ ミンナ ハナセナイ : コウドウ ブンセキガク ト ショウガイジ ノ ゲンゴ シドウ
書名別名 Nobody can speak at first
出版元 金剛
刊行年月 2012.10
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7724-1272-8
NCID BB10504930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想