団地の空間政治学

原武史 著

高度成長期に燦然と輝いていた団地文化とは何だったのか?香里団地、ひばりケ丘団地、常盤平団地など、東西の大団地をフィールドワークし、埋もれた資史料を調査した著者が、躍動する団地自治の実態と住民の革新的な政治意識を明らかにする。さらに沿線の鉄道からの影響や、建築・設計上の特徴をも考察し、団地をアメリカ的ライフスタイルの典型と捉える従来の史観に再考を迫る。今日の団地の高齢化や孤独死問題が生じた淵源を、コミュニティ志向の衰退と個人主義台頭の歴史に探り、知られざる政治思想史の一断面を描出する画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 政治思想史から見た団地
  • 第1章 「理想の時代」と団地
  • 第2章 大阪-香里団地
  • 第3章 東京多摩-多摩平団地とひばりケ丘団地
  • 第4章 千葉-常盤平団地と高根台団地
  • 第5章 団地の時代は終わったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 団地の空間政治学
著作者等 原 武史
書名ヨミ ダンチ ノ クウカン セイジガク
シリーズ名 NHKブックス 1195
出版元 NHK
刊行年月 2012.9
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091195-2
NCID BB10248626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想