夢想の深遠 : 夢野久作論

伊藤里和 著

大正・昭和初期の探偵小説誌上で活躍し、現在も幻想的作風で知られる作家・夢野久作。その夢想の奥に潜む文学思想を探り、今なお新鮮な驚きをもって読みうる作品として、久作文学の知られざる一面を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 童話-教訓童話から「大人のお伽話」まで
  • 第2章 『白髪小僧』-連なり合う空想
  • 第3章 「猟奇歌」-虚構を詠う「猟奇」
  • 第4章 『瓶詰地獄』-想像を孕む空隙
  • 第5章 「木魂」-魂・線路・語り
  • 第6章 『ドグラ・マグラ』1-「時間」
  • 第7章 『ドグラ・マグラ』2-「心理遺伝」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢想の深遠 : 夢野久作論
著作者等 伊藤 里和
書名ヨミ ムソウ ノ シンエン : ユメノ キュウサクロン
出版元 沖積舎
刊行年月 2012.9
ページ数 236,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8060-4759-9
NCID BB10365845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想