アート・ヒステリー = ART HYSTERIA : なんでもかんでもアートな国・ニッポン

大野左紀子 著

アートは"希望"の灯火ではない。人々を結ぶ"絆"でもない。民主主義の太陽が生んだ「自由」と「個性」を掲げる美術教育と、資本主義の雨がもたらした増殖、拡大し続けるアートワールド、それらを通して、アートと私たちの関係を読み解く。『アーティスト症候群』から4年、「アート」の名の下にすべてが曖昧に受容される現在を、根底から見つめ、その欲望を洗い出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アートがわからなくても当たり前(ピカソって本当にいいですか?
  • 疎外される「わからない人」
  • アートの受容格差
  • 「美術」はどこから来たのか)
  • 第2章 図工の時間は楽しかったですか(芸術という「糸巻き」
  • 日本の美術教育
  • 夢見る大人と現実的な子ども
  • 問い直される理想)
  • 第3章 アートは底の抜けた器(液状化するアート
  • 空想と現実の距離
  • 村上隆の「父殺し」
  • アートの終わるところ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アート・ヒステリー = ART HYSTERIA : なんでもかんでもアートな国・ニッポン
著作者等 大野 左紀子
書名ヨミ アート ヒステリー : ナンデモ カンデモ アート ナ クニ ニッポン
書名別名 ART HYSTERIA

Ato hisuteri
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.9
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-02133-1
NCID BB10523061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想