GATT・WTO体制と日本 : 国際貿易の政治的構造

渡邊頼純 著

経済連携強化に向けた日本の役割。日本にとってのTPPの意義は何か。GATT事務局・外務省経済局参事官を経た著者が、国際経済連携の道筋とその問題点を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 保護主義vs.自由貿易主義
  • 第2章 GATTからWTOへ
  • 第3章 GATT・WTO体制における日本
  • 第4章 多国間貿易交渉の政治経済学
  • 第5章 WTO新ラウンド交渉の課題と展望
  • 第6章 WTO体制と地域統合
  • 第7章 アジア太平洋の地域経済統合とTPP-経済連携強化に向けた日本の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GATT・WTO体制と日本 : 国際貿易の政治的構造
著作者等 渡邊 頼純
書名ヨミ ガット ダブリューティーオー タイセイ ト ニホン : コクサイ ボウエキ ノ セイジテキ コウゾウ
書名別名 Gatto daburyutio taisei to nihon
出版元 北樹
刊行年月 2012.10
版表示 増補2版.
ページ数 320,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7793-0337-1
NCID BB1049427X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想