学びの心理学 : 授業をデザインする

秋田喜代美 著

魅力的な授業には小学校、中学校、高等学校という学校種を超えて、また地域や教科も超えて、共通した雰囲気と学びの原理が生きている。それはどの子どもも居心地がよく安心していられると感じられる教室、そしてさらに子どもたちが深く学べていると感じられる教室であることだ。本書ではそれが可能である条件を具体的に見ていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学びのシステムとしての授業
  • 第2章 授業研究は、いま
  • 第3章 教室における対話
  • 第4章 教材からのたしかな学習
  • 第5章 協働で学びあう関係づくり
  • 第6章 教師の実践的知識と即興的判断
  • 第7章 校内研修と学校文化
  • 第8章 教師の生涯発達と授業づくり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学びの心理学 : 授業をデザインする
著作者等 秋田 喜代美
書名ヨミ マナビ ノ シンリガク : ジュギョウ オ デザイン スル
シリーズ名 放送大学叢書 020
出版元 左右社
刊行年月 2012.9
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903500-85-0
NCID BB10290597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想