巡るサービス : なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルになったのか

近藤寛和 著

この不況期に増収増益を果たしている独立系ビジネスホテル企業がある。効率化ばかりを追求する今のホテル業界にあって、あえて「お客さまに積極的に関わっていく」スタンスでファン顧客を獲得、安定経営を実現している。そこには、研究し尽くされた"弱者ならではの戦略"と、"思いやりの連鎖"があった。知名度も資本力もノウハウもなかった「ホテルグリーンコア」が優れた企業に変身したのはなぜか。ホテル業界で大きな反響を呼んだ『和魂米才のホテルマネジメント』に続く、著者渾身のノンフィクションドキュメンタリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「シンクロニシティ」
  • 第2章 「すべては社員の幸せのために」
  • 第3章 「巡る愛情の起点」
  • 第4章 「家業を事業に」
  • 第5章 「人を諦めない」
  • 第6章 「アプローチ・オペレーション」
  • 第7章 「戦略・戦術策定のフレームワーク」
  • 第8章 「イノベーション」
  • エピローグ 相互的予祝が巡る場所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巡るサービス : なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルになったのか
著作者等 近藤 寛和
書名ヨミ メグル サービス : ナゼ チホウ ノ チイサナ ビジネス ホテル ガ コウカドウ ハンジョウ ホテル ニ ナッタ ノカ
出版元 オータパブリケイションズ
刊行年月 2012.9
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903721-32-3
NCID BB10443552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想