ヘイロー  4

富永和子 訳

マスターチーフが地球を守っている間にも、コヴナント艦隊は銀河のあらゆる領域で人類の掃討作戦を着々と進めていた。このままでは人類の絶滅は必至だ。そこで、海軍情報部(ONI)は苦肉の策として、極秘作戦部門第三局の指揮の下、特攻任務に就かせるためのスパルタンの大量育成を計画する。そして、計画達成のために数百人の若者たちと、彼らを訓練する一人のスパルタンが集められた。銀河のはずれ、打ち捨てられた惑星"オニキス"は、計画を実行に移す格好の場所だった。そして、ヘイローのひとつが兵器として起動された瞬間、オニキスの奥深くでも何かが動きだした。古のフォアランナー・テクノロジーが起動されたのだ。人類とコヴナントは、それぞれが戦いの行方を変えるこのテクノロジーを手に入れようと躍起になる。しかし、この目覚めた古代の兵器には、それ自体に意思があった…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘイロー
著作者等 富永 和子
Nylund Eric
ナイランド エリック
書名ヨミ ヘイロー
書名別名 HALO

ゴースト・オブ・オニキス

Heiro
巻冊次 4
出版元 TOブックス
刊行年月 2012.9
ページ数 610p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86472-066-3
全国書誌番号
22157544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ゴースト・オブ・オニキス エリック・ナイランド 作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想