格差と序列の心理学 : 平等主義のパラドクス

池上知子 著

平等主義を阻む真の敵は「平等」を願う私たちの心の中に潜んでいる。このようなパラドクスがなぜ生じてしまうのだろうか。本書は、社会の中に格差や序列を生じさせ、それを維持しているメカニズムを、社会心理学の最新の研究成果を参照しながら解き明かしていく。日本社会に特有の階層システムにも言及し、「格差社会」と言われる現代の日本で何が起きているのかを考えるためのヒントを提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 格差と序列を生み出す心理(社会的支配理論
  • システム正当化理論)
  • 第2章 格差と序列を支えるイデオロギー(公正的世界観
  • 相補的世界観
  • 公正的世界観と相補的世界観)
  • 第3章 社会的ヒエラルキーと文化的ステレオタイプ(正当化動機とステレオタイプ
  • ステレオタイプ内容モデル
  • 相補的ステレオタイプ
  • 集団間比較と相補性
  • 社会的判断と相補性)
  • 第4章 日本社会における平等幻想と文化的ステレオタイプ(現代日本の格差・不平等問題
  • 隠蔽される不平等)
  • 第5章 社会的アイデンティティと階層システム(社会的アイデンティティと集団間格差
  • 中間層の心理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差と序列の心理学 : 平等主義のパラドクス
著作者等 池上 知子
書名ヨミ カクサ ト ジョレツ ノ シンリガク : ビョウドウ シュギ ノ パラドクス
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.10
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06437-3
NCID BB10505467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想