先生、親の目線でお願いします! : 保護者の本音を知れば特別支援教育は変わる

海津敦子 著

[目次]

  • 親が教師に不信を抱くとき
  • たかが言葉、されど言葉
  • 保護者が求める専門性
  • 親にとって教師が敵になるとき
  • 信頼をつむぐ個別指導計画
  • 自己満足でない家族支援
  • 信頼を失わない学校の危機管理
  • 価値観の転換で障害を受容
  • 子どもへの教師の思い込み
  • 元気が出る保護者会・面談
  • わかっていることの違い
  • 「いっしょにいて当たり前」の共生社会へ
  • ちょっと待って!その発言は変じゃない?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先生、親の目線でお願いします! : 保護者の本音を知れば特別支援教育は変わる
著作者等 海津 敦子
書名ヨミ センセイ オヤ ノ メセン デ オネガイ シマス : ホゴシャ ノ ホンネ オ シレバ トクベツ シエン キョウイク ワ カワル
シリーズ名 学研のヒューマンケアブックス
出版元 学研マーケティング
学研教育
刊行年月 2012.10
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-05-405429-5
NCID BB10503075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想