わたしの山小屋日記 : 動物たちとの森の暮らし  秋

今泉吉晴 著

実りの秋、森はクルミやハシバミの実でいっぱい。"カリカリ"…じっと耳をすますと、誰かが殻をかじる音がします。元気なリスやアカネズミ、ヒメネズミに土使いの名手ヒミズ。さあ、動物たちに会いに、森へ出かけてみませんか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 森に「お店」を開く
  • 殻をかじるリズムに耳をすませて
  • 「吸盤で木登り」は進化といえる?
  • 透明な家で実りの秋を味わう
  • リスはクルミを一度にいくつ運ぶか
  • 急斜面切り開く野生のエネルギー
  • 森は棒でいっぱい
  • 長い長い秘密のトンネルをのぞく
  • 落葉層を好む、小さな森の動物
  • 「巨人」恐れぬ勇気と判断力
  • 野生植物と共生する畑
  • もよりの森で動物と会う
  • 葉に見あげられて太陽の気分
  • 足の速いリスが、待つと遅いのはなぜ
  • トンネルの主は姿を見せず
  • 懐中電灯で180度回転運動を観察
  • 幼いからこそ遊べる
  • 土塊を蹴散らしてふさぐ
  • 知恵は小さなものにつく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしの山小屋日記 : 動物たちとの森の暮らし
著作者等 今泉 吉晴
書名ヨミ ワタシ ノ ヤマゴヤ ニッキ : ドウブツタチ トノ モリ ノ クラシ
書名別名 Watashi no yamagoya nikki
巻冊次
出版元 論創社
刊行年月 2012.10
ページ数 95p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-1175-8
NCID BB10055021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想