彷徨い人

天野節子 著

石神井台警察署の清水刑事は、ある警察署の受付で見覚えのある女性と出会う。彼女は、清水が担当したひき逃げ事件の被害者遺族だった。親友が行方不明のため、捜索願を提出しに来たという。「不倫の果ての失踪に違いない」と担当刑事は言うが、清水は強い違和感を覚える。そして、ひとり捜査を始めるが…。大切な人を守りたい-そう願う男がいた。人生をやり直したい-そう悔む女がいた。二人が出会った時、運命の歯車が狂い始めた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 彷徨い人
著作者等 天野 節子
書名ヨミ サマヨイビト
書名別名 Samayoibito
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.9
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-344-02240-9
NCID BB10596327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22228142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想