「組立」 : 知覚の臨界

境澤邦泰, 永瀬恭一編

[目次]

  • 制作メモ
  • 最初の恣意性
  • 「組立」対話企画"筆触・イメージ・身体"
  • 知覚の臨界確定-セザンヌ試論
  • 戦後アメリカ美術と「崇高」-ロバート・ローゼンブラムの戦略
  • さらに物質的なラオコーンに向かって-「固有値(Eigenwerte)」としての支持体を自己生成する
  • ハブ型書店員の可能性-本の生態系を取り戻すために
  • イキカエルノイエ-リノベーションの可能性
  • 「組立」の組立-アニメーションにおける声/絵画における空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「組立」 : 知覚の臨界
著作者等 松浦 寿夫
永瀬 恭一
人形町ヴィジョンズ
田中 秀和
境澤 邦泰
書名ヨミ クミタテ : チカクノリンカイ
出版元 ツバメ出版流通
組立
刊行年月 2012.10.5
ページ数 143p
大きさ 26×22cm
ISBN 978-4-9901830-9-7
NCID BB07297510
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想