越境する古事記伝

山下久夫, 斎藤英喜 編

さまざまな評価/批判にさらされてきた『古記事伝』を中世以来の『日本書紀』注釈学や知の系譜に位置づけ、さらに18世紀の流動する知的状況のなかで新たな可能性へと"越境"させる。『古事記伝』の新たな展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中世からの視点、近代への架橋(『古事記伝』を近世以前から照らし出す-「日本紀講」・中世の水脈より
  • ロールオーバー・ノリナガ
  • 中世日本紀から『古事記伝』へ
  • 産霊論-日本的「一」なるものの系譜)
  • 2 可能性としての『古事記伝』(神話から現実へ-変容する世界と『古事記伝』の"越境"
  • 宣長と『出雲国風土記』-『古事記伝』の視座から
  • 『古事記伝』に見られる天孫降臨の方法-「神代を以て人事を知れり」という世界把握
  • 『古事記伝』という閉鎖系
  • 『古事記伝』の注釈態度-「天地初発」段について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する古事記伝
著作者等 山下 久夫
斎藤 英喜
書名ヨミ エッキョウ スル コジキデン
書名別名 Ekkyo suru kojikiden
シリーズ名 古事記伝
出版元 森話社
刊行年月 2012.9
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86405-038-8
NCID BB10276053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22151678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想