皮膚疾患のクロノロジー = Chronology in Clinical Dermatology : 長期観察で把握する母斑・腫瘍の全体像

大原國章 著

太田母斑、治療で完全に消えてから10年後の再発。小児の黒い爪の18年後、色は消えたか?表皮内癌の進み具合は?自然治癒=きれいに治るのか?苺状血管腫の年次経過。糖尿病患者の足、軽い靴ずれと思っていたら…?"同一症例の数十年後"がわかる。目で見る長期フォローアップ=クロノロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 母斑(母斑細胞母斑
  • 太田母斑 ほか)
  • 2 良性腫瘍・血管腫
  • 3 悪性腫瘍(悪性黒色腫の表皮内癌(melanoma in situ)
  • 爪甲下黒色腫と爪甲色素線条の鑑別 ほか)
  • 4 皮膚外科(採皮のきずあと
  • 潰瘍の自然治癒経過 ほか)
  • 5 その他の疾患(炎症性疾患など)(糖尿病は恐ろしい
  • 糖尿病患者の蜂窩織炎の経過 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皮膚疾患のクロノロジー = Chronology in Clinical Dermatology : 長期観察で把握する母斑・腫瘍の全体像
著作者等 大原 國章
書名ヨミ ヒフ シッカン ノ クロノロジー : チョウキ カンサツ デ ハアク スル ボハン シュヨウ ノ ゼンタイゾウ
書名別名 Chronology in Clinical Dermatology
出版元 学研マーケティング
学研メディカル秀潤社
刊行年月 2012.10
ページ数 335p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7809-0827-5
NCID BB10334058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想