天才を考察する : 「生まれか育ちか」論の嘘と本当

デイヴィッド・シェンク 著 ; 中島由華 訳

アインシュタインら歴代の天才を対象に行なわれた「天才研究」から最新の遺伝子・ゲノム理論、発達心理学の成果までを簡潔かつわかりやすく紹介しながら、古い論争がいかにナンセンスであったかを説く、出色のポピュラー・サイエンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生来の才能という神話(遺伝子2・0-遺伝子の本当の働き
  • 知能はものではなく、プロセスである
  • 「生来の才能」の終焉(そして、才能の本当の源)
  • 双生児の似ているところ、似ていないところ
  • 早咲き・遅咲き
  • 白人はジャンプできないか?)
  • 第2部 天才を育成する(天才になるには(あるいは、たんに偉大な人間になるには)
  • そのやり方が子供をだめにする(または発奮を促す)
  • 優秀さを求める文化
  • 遺伝子2・1-遺伝子も"改良"できる!?
  • テッド・ウィリアムズ・フィールド)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天才を考察する : 「生まれか育ちか」論の嘘と本当
著作者等 Shenk, David
中島 由華
シェンク デイヴィッド
書名ヨミ テンサイ オ コウサツ スル : ウマレ カ ソダチ カ ロン ノ ウソ ト ホントウ
書名別名 THE GENIUS IN ALL OF US
出版元 早川書房
刊行年月 2012.9
ページ数 412p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209322-6
NCID BB10287424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想