帝都の事件を歩く : 藤村操から2・26まで

森まゆみ, 中島岳志 著

森まゆみさんを案内役に、本郷にはじまり東京駅、日本橋、隅田川、田端、赤坂…、血盟団事件、5.15、2.26と東京で繰り広げられた近代史の現場を歩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 煩悶青年を生み出した本郷
  • 2 右翼クーデターは江戸川橋ではじまった
  • 3 東京駅はテロの現場
  • 4 隅田川と格差社会
  • 5 田端と芥川龍之介の死
  • 6 日本橋と血盟団事件
  • 7 永田町とクーデター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝都の事件を歩く : 藤村操から2・26まで
著作者等 中島 岳志
森 まゆみ
書名ヨミ テイト ノ ジケン オ アルク : フジムラ ミサオ カラ ニ ニロク マデ
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.9
ページ数 351p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1221-1
NCID BB10458480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想