タイタニック百年目の真実

チャールズ・ペレグリーノ 著 ; 伊藤綺 訳

一九一二年四月、世界最大の豪華客船が氷山に衝突し、一五〇〇名もの犠牲者を出した。現在、四〇〇〇メートルの海底に沈むタイタニック号は、鉄を食べる新種のバクテリアによる傷みが急激に進んでおり、もうあと数十年で基礎構造は崩壊してしまうという。著者ペレグリーノは二五年におよぶ深海探査によって得られた証拠に加え、生存者を訪ね歩き、聞き書きした当時の様子をこの一冊に刻み込んでいる。衝突の前後と事故後のきわめてドラマチックな瞬間を伝えるまさに「最後」の物語がここに誕生した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 収束
  • 良好な状態からはほど遠く
  • かすかな戦慄
  • 輝くイルカの夜
  • 三位一体
  • 自然にしかず
  • カスケードポイント
  • われわれに不利なことばかり
  • 悪夢に忍びよって
  • 起程点〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タイタニック百年目の真実
著作者等 Pellegrino, Charles R
伊藤 綺
Pellegrino Charles
ペレグリーノ チャールズ
書名ヨミ タイタニック ヒャクネンメ ノ シンジツ
書名別名 FAREWELL,TITANIC

Taitanikku hyakunenme no shinjitsu
出版元 原書房
刊行年月 2012.10
ページ数 545,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04856-4
NCID BB10644463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想