チャンピオンズリーグの20年 : サッカー最高峰の舞台はいかに進化してきたか

片野道郎 著

UEFAチャンピオンズリーグ、その歴史と魅力を、現地在住17年の日本人ジャーナリストが、「スポーツ」×「ビジネス」の視点で鋭く読み解く!時代を彩るスーパースターたちの極上のプレーだけでなく、クラブの興亡とピッチ上の勢力図、そして、その背景にあるヨーロッパ社会およびサッカー界そのものの変化まで-。サッカーファン必携の完全保存版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロピアンカップからチャンピオンズリーグへ(1992‐1995)(チャンピオンズリーグの誕生
  • ピッチ上での困難なスタート ほか)
  • 第2章 ボスマン・ショック(1995‐1999)(ボスマン判決の衝撃
  • 「ボスマン後」の過渡期 ほか)
  • 第3章 G‐14の時代(1999‐2003)(格差拡大のはじまり
  • 移籍マーケットの変質と多国籍化の進展 ほか)
  • 第4章 格差拡大への懸念(2003‐2007)(2つのビッグサプライズ
  • メガクラブの出現 ほか)
  • 第5章 フェアプレーの時代(2007‐2012)(グアルディオラの革命
  • G‐14解散、対立から協調へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャンピオンズリーグの20年 : サッカー最高峰の舞台はいかに進化してきたか
著作者等 片野 道郎
書名ヨミ チャンピオンズ リーグ ノ ニジュウネン : サッカー サイコウホウ ノ ブタイ ワ イカ ニ シンカ シテ キタカ
書名別名 Chanpionzu rigu no nijunen
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.9
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-27351-8
NCID BB10514592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想