独ソ戦争はこうして始まった

守屋純 著

独ソ不可侵条約締結に始まる両国の暗闘…権力外交を続けながら、戦争準備を怠っていたスターリンとソ連の行動を追い、何が起き、何がなされなかったかを種々の資料から分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独ソ不可侵条約とソ連の参戦
  • 対フィンランド戦争の結果
  • 赤軍再建への険しい道のり
  • 並立する諜報機関
  • 対独関係悪化
  • 混乱する戦略計画
  • 錯綜するドイツ情報
  • ソ連の採るべき道は?
  • 開戦直前の心理戦
  • 開戦後のスターリン
  • 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 独ソ戦争はこうして始まった
著作者等 守屋 純
書名ヨミ ドクソ センソウ ワ コウシテ ハジマッタ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.9
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004406-9
NCID BB10443235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想