すぐわかる日本の甲冑・武具

笹間良彦 監修 ; 棟方武城 執筆

弥生時代の防具に始まり、古墳〜奈良時代の挂甲・短甲、平安・鎌倉・南北朝・室町各時代の大鎧・胴丸・(腹巻・腹当)・兜、安土桃山時代の当世具足・足軽装、江戸時代の復古調鎧・幕末の軍装に至るまで、「戦いの装備」の歴史的変遷とその機能を、製作技法や美意識にまでふみこんで、一挙詳説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 弥生時代
  • 第1章 古墳〜奈良時代
  • 第2章 平安時代
  • 第3章 鎌倉時代
  • 第4章 南北朝・室町時代
  • 第5章 安土桃山時代
  • 終章 江戸時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すぐわかる日本の甲冑・武具
著作者等 棟方 武城
笹間 良彦
書名ヨミ スグ ワカル ニホン ノ カッチュウ ブグ
書名別名 Sugu wakaru nihon no kacchu bugu
出版元 東京美術
刊行年月 2012.10
版表示 改訂版.
ページ数 151p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8087-0960-0
NCID BB10405098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想