飛行機の誕生と空気力学の形成 : 国家的研究開発の起源をもとめて

橋本毅彦 著

[目次]

  • 序章 飛行機と技術-イギリスの空気力学という視点
  • 第1章 最初の研究プログラム-安定性の風洞実験
  • 第2章 風洞実験は信頼できるか-寸法効果をめぐる論争
  • 第3章 新しい空気力学理論の誕生-境界層、不連続流、そして誘導抗力
  • 第4章 プラントル理論の受容-揚力理論の解明と咀嚼
  • 第5章 理想的な流線形をもとめて-技術予測と長期研究計画
  • 第6章 一九三〇年代における境界層の探究-イギリスの科学研究とアメリカの技術開発
  • 第7章 戦前日本の空気力学研究-谷一郎の境界層研究と層流翼の開発
  • 終章 国家的研究開発の内実をもとめて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛行機の誕生と空気力学の形成 : 国家的研究開発の起源をもとめて
著作者等 橋本 毅彦
書名ヨミ ヒコウキ ノ タンジョウ ト クウキ リキガク ノ ケイセイ : コッカテキ ケンキュウ カイハツ ノ キゲン オ モトメテ
書名別名 Hikoki no tanjo to kuki rikigaku no keisei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 332,78p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-060309-6
NCID BB10278558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想