工学院大学学園百二十五年史 : 工手学校から受け継ぐ実学教育の伝統

工学院大学学園百二十五年史編纂委員会 編

日本初の本格的な技術者養成学校「工手学校」に起源をもち、実学の伝統を刻んで有為の人材を送り出してきた道程を活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 工業教育事始め
  • 第2部 転換期を迎えた工手学校
  • 第3部 大学開学から八王子キャンパス誕生まで
  • 第4部 新都心に屹立する技術者教育の基地
  • 第5部 グローバル化時代に先駆ける学園像
  • 第6部 中高一貫教育は、新天地八王子から
  • 第7部 わが専門学校の伝統は、ここにあり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 工学院大学学園百二十五年史 : 工手学校から受け継ぐ実学教育の伝統
著作者等 工学院大学
工学院大学学園百二十五年史編纂委員会
書名ヨミ コウガクイン ダイガク ガクエン ヒャクニジュウゴネンシ : コウシュ ガッコウ カラ ウケツグ ジツガク キョウイク ノ デントウ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.9
ページ数 537p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-12-004431-1
NCID BB10400298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想